ご挨拶

事業を通じて社会に貢献し技術の深耕と柔軟な発想で時代の要求に応えてまいります

代表取締役社長 平林 明

 弊社は、水晶加工で創業し、セラミック・ガラス等の脆性材料の精密加工を一貫して行なってきました株式会社山梨光学宮崎工場の事業を譲受し、セラテックジャパン株式会社の完全子会社として2021年3月に設立いたしました。
現在弊社は、電子・光学材料の精密加工に特化して多様な加工技術を蓄積し、更に日夜技術の向上に努め、様々な受託加工事業を展開しておりますが、このような業態をMPS事業(Material Processing Service)と位置付け、これら加工分野における一貫加工体制の充実を図り、「ワンストップ加工サービス」の提供を通じて、電子・光学関連産業を中心に広範囲な産業分野の発展に貢献する「縁の下の力持ち」的存在であると自負しております。また、産業界の技術進歩と共に多種多様な材料が開発され、年々その種類も増加し、加工難易度の高い材料も増えていることから、弊社が加工する材料の種類は実に多岐にわたっております。これら加工経験と技術の蓄積に加え、ISO9001の認証取得をはじめ、お客様の信頼にお応えし、安心してお取引いただくための条件を整備してまいりました。
加工難易度が高い、社内では加工不可の材料、社内では対応できない数量、などお客様がお困りの際は一度弊社へご相談ください。多彩な加工方法と工程の冗長性を持ってお客様の課題を解決いたします。今後ともご指導とご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

会社名称セラテック九州株式会社
英文社名 CERATECH Kyusyu Co.,Ltd. 
所在地 〒885-0004 宮崎県都城市都北町7101-1
会社設立 令和3年3月31日
役員代表取締役社長 平林 明
取締役 日髙 孝二郎
取締役 坂西 本隆
取締役 千野 和彦
監査役 宮澤 英継
資本金10,000,000円
従業員数 42名
事業内容
  • ファインセラミックスの精密一貫加工(切断・研削・研磨)
取引銀行宮崎銀行
関連会社セラテックジャパン株式会社  ➣こちら

沿革

1954年8月甲府市東一条通46番地に資本金50万円にて
有限会社山梨光学を設立。
双眼鏡レンズプリズム及分光光度計
水晶プリズム等を製造。
1957年1月水晶発振子ブランクを製造。
1964年7月甲府市住吉本町430番地に工場を新築移転。
セラミックス磁気ヘッド部門へ進出。
1976年2月株式会社山梨光学に組織を変更。
資本金を600万円に増資する。
1987年2月資本金を1,200万円に増資する。
1989年5月宮崎県都城市へ工場進出。
1990年10月資本金を1,500万円に増資する。
2004年自社製品「C面研削装置」開発
2008年11月資本金を3,000万円に増資する。
2011年5月セミオートダイサー導入
2016年10月2流体対応スピンドライ洗浄機導入
2017年4月セミオートスライサー導入
2018年5月セミオートダイサー増設
2021年3月セラテック九州(株)設立
2021年3月(株)山梨光学より事業譲受
2021年6月宮崎県 「仕事と生活の両立応援宣言」
2021年9月チップソーター、両面研磨機増設
2021年10月画像測定器増設
2021年10月省エネ照明設備入れ替え(第一次)
2021年12月省エネ空調設備入れ替え
2021年12月テゲバジャーロ宮崎 法人スポンサー契約締結
2022年2月テレビCM放送開始
2022年2月宮崎県「ひなた創生のための奨学金返還支援事業」
2022年4月省エネ照明設備入れ替え(第二次)
2022年4月表面粗さ測定器増設、セミオートダイサー増設
2022年5月両面研磨機増設
2022年6月CNC画像測定器導入

アクセス